えむでぶ倶楽部

地域勉強会

活動報告活動報告

地図から選ぶ

開催地 開催地 開催地 開催地 開催地 開催地 開催地 地図から選ぶ 全国へ 茨城 千葉 東京 神奈川 山梨 埼玉 栃木 群馬

勉強会・説明会実績(全国)

開催回数 352
参加病院数 3,982病院
参加者数 9,319

( 2009年4月~2018年11月末時点         ※操作説明会を含む )

DPC分析ツール『EVE』並びに病院向け経営支援システム『Medical Code』のユーザ病院に主体となっていただき、 情報交換や自己研鑽を行う目的で、2009年の4月よりスタート致しました。
地図の旗をクリック、もしくは下記プルダウンメニューより地区や都道府県をお選びいただくと、各地域の事例発表資料や活動レポートをご覧いただけます。(随時更新)

地域から選ぶ

茨城地区

第9回

開催日 会場(病院名の敬称略) 参加人数 事例発表 レポート
2018年7月21日 (土) 筑波メディカルセンター病院 13病院/43名 - -
【内容】
 第1部:事例発表
  『病院経営改善のためのDPCデータ活用』
  『「重症度、医療・看護必要度」データ精度向上の取り組み~医事課との連携~』
 第2部:グループディスカッションと発表『療養指重症度、医療・看護必要度データの精度向上!』

第8回

開催日 会場(病院名の敬称略) 参加人数 事例発表 レポート
2012年5月19日 (土) 総合病院土浦協同病院 17病院/36名 ダウンロード ダウンロード
今回の勉強会では、医療機関群実績要件、機能評価係数Ⅰ・Ⅱのベンチマーク、定義テーブルや点数が変更されたDPCコードをテーマに、今次改定のメッセージを読み取り、今後の医療制度、診療報酬改定流れを掴むことを目的としています。
医療機関群実績要件では、横浜栄病院より『要件1:診療密度』について、三井記念病院より『要件3:高度な医療技術の実施』のうち、『3a:手術1件あたりの外保連手術指数』についての分析事例をそれぞれご紹介いただきました。
また、EVEデータを活用した外泊件数や入退院曜日、退院日食事回数、在院日数指標のベンチマークを実施しました。
それぞれのテーマについて、土浦協同病院の船越先生より、独自の検証結果や様々なコメントをいただいております。

第7回

開催日 会場(病院名の敬称略) 参加人数 事例発表 レポート
2011年11月19日 (土) 総合病院土浦協同病院 14病院/37名 - ダウンロード
今回は特集として「栄養指導」と「NST(栄養サポートチーム)」を取り上げました。 患者のことを第一に考え、栄養指導とNSTに積極的に取り組んでいる済生会吹田病院での取組事例が紹介された他、参加各病院における取り組み状況の報告がありました。
直ぐには結論が出ないものの、医療の質の向上に直結するテーマであることから継続して議論して行くことが大切です。今回はその第一歩となりました。
また診療報酬改定前ということもあり、新たに導入される医療機関群別基礎係数の要件や制度の方向性、同係数環境下で求められる新しい視点などについて情報交換が行われました。
その他、前回特集した副傷病漏れ対策のその後の活動報告と結果、EVE-ASPの活用術・分析のポイントなどの情報交換が行われました。

第6回

開催日 会場(病院名の敬称略) 参加人数 事例発表 レポート
2011年2月26日 (土) 総合病院土浦協同病院 22病院/42名 - ダウンロード
単県での開催にもかかわらず他県からの参加者が多い茨城地区ですが、今回も8病院/14名もの皆様にご参加いただきました。  テーマとしては、機能評価係数Ⅱや医療機関群別基礎係数、副傷病名漏れ対策などが取り上げられました。
機能評価係数Ⅱについては、調整係数からの置き換えインパクトのベンチマークや今後の方向性、救急医療係数の定義など情報共有があり、医療機関群別基礎係数については、中医協議論の情報共有がありました。特集の副傷病名漏れ対策については、事前アンケートを基に各院における取り組み状況の情報交換などが行われました。
その他、循環器疾患にフォーカスしたベンチマークの事例発表や、アクセスなどを利用したEVEエクスポートデータの活用術講座が行われました。

第5回

開催日 会場(病院名の敬称略) 参加人数 事例発表 レポート
2010年11月27日 (土) 総合病院土浦協同病院 13病院/36名 - ダウンロード
今回の勉強会では、メインテーマとして「手術室業務改善」が取り上げられました。
参加各院より事前収集した、手術件数や人員体制などのベンチマークアンケートを基に課題と論点の整理、情報交換が行われた後、オペラマスターを導入している筑波メディカルセンター病院と土浦協同病院より手術室業務改善の事例報告をいただきました。いずれも具体的な改善効果まで踏み込んだ内容であったため質疑応答も活発化しました。その他ホギメディカル社とGHC社より、手術室業務改善に関する特別講演をいただきました。
メインテーマ以外では、H23年4月からの機能評価係数Ⅱの運用に関する情報共有や参加病院間での「救急医療入院」ベンチマークアンケート報告、EVEエクスポートデータ活用術の紹介がありました。
茨城地区勉強会には他県から参加される方が多く、今回も新たに長野・神奈川・群馬から計4名が参加。再来される方が多いのも特徴です。

第4回

開催日 会場(病院名の敬称略) 参加人数 事例発表 レポート
2010年7月24日 (土) 総合病院土浦協同病院 15病院/37名 - ダウンロード
茨城地区勉強会へは、これまでに県内の全ユーザに参加いただいております。今回は、新たに栃木県から2病院、福島県と群馬県から各1病院に参加いただきました。
土浦協同病院の船越先生より、厚労省データを基に作成した資料を用いて、効率性係数や複雑性係数、平均在院日数、再入院率などのベンチマークが行われた他、H22年度調査に関するFAQの解説がありました。 ショートディスカッションでは、救急医療係数の算定方式や救急医療管理加算への取り組み方法についての意見交換が行われました。その他、SPSS社より予測分析についての特別講演がありました。

第3回

開催日 会場(病院名の敬称略) 参加人数 事例発表 レポート
2010年2月20日 (土) 総合病院土浦協同病院 11病院/32名 ダウンロード ダウンロード
第3回目の勉強会へは、関東地区勉強会の世話役である等潤病院より2名出席された他、静岡市立清水病院から2名出席されました。
土浦協同病院の船越氏からは、H22年度診療報酬改定の方向性と影響について説明があった他、新機能評価係数の採択時期の説明や、シミュレーションなどが行われました。
また、友愛記念病院からは、循環器科における改善事例の発表がありました。

第2回

開催日 会場(病院名の敬称略) 参加人数 事例発表 レポート
2009年9月26日 (土) 総合病院土浦協同病院 10病院/23名 ダウンロード ダウンロード
茨城地区での第2回地域勉強会を開催いたしました。
後発医薬品の導入状況や特定症例のDPC/出来高差額について、各院の取り組み状況の意見交換が活発に行われました。また、友愛記念病院(EVEを使ってのデータ点検)、茨城西南医療センター病院(当院におけるEVE-ASPの活用)、土浦協同病院(EVEエクスポートデータを活用した年齢階層分析・緊急入院分析)より事例発表をいただきました。

第1回

開催日 会場(病院名の敬称略) 参加人数 事例発表 レポート
2009年6月20日 (土) 総合病院土浦協同病院 9病院/34名 ダウンロード ダウンロード
茨城地区での第1回地域勉強会を開催いたしました。
冒頭に、世話役病院の総合病院土浦協同病院の藤原院長と松井副院長よりご挨拶をいただきました。
また、同病院の船越様からは、勉強会(EVE・DPC研究会)の位置づけ、経緯などについてお話いただいた他、事例発表をいただきました。その他、水戸済生会総合病院と筑波セントラル病院より事例発表をいただきました。
TOP