えむでぶ倶楽部

地域勉強会

活動報告活動報告

地図から選ぶ

開催地 開催地 地図から選ぶ 全国へ 北海道地区 北海道地区

勉強会実績(全国)

開催回数 244
参加病院数 2,771病院
参加者数 6,633

( 2009年4月~2016年12月末時点 )

DPC分析ツール『EVE』並びに病院向け経営支援システム『Medical Code』のユーザ病院に主体となっていただき、 情報交換や自己研鑽を行う目的で、2009年の4月よりスタート致しました。
地図の旗をクリック、もしくは下記プルダウンメニューより地区や都道府県をお選びいただくと、各地域の事例発表資料や活動レポートをご覧いただけます。(随時更新)

地域から選ぶ

北海道地区

第14回

開催日 会場(病院名の敬称略) 参加人数 事例発表 レポート
2016年9月10日 (土) 砂川市立病院 16病院/42名 ダウンロード -
【内容】
 第1部:事例発表『当院におけるDPCコーディングの取組み』
 第2部:グループディスカッション『テーマに沿ってEVEを活用しよう!』

第13回

開催日 会場(病院名の敬称略) 参加人数 事例発表 レポート
2015年4月25日 (土) 市立札幌病院 17病院/43名 - ダウンロード
開催病院の院長 関利盛氏の挨拶から始まった今回の勉強会は、1年ぶりに開催ということで、非常に多くの病院さまにご参加いただきました。現在、地域医療構想について話題となっていることから、市立札幌病院経営管理部医事課医事係 大岡様より、DPCデータを使った病床機能分類について発表していただきました。
また、地域包括ケア病棟シミュレーションと医事業務についてという、今までの勉強会では初となる内容について、2本立てのグループディスカッションを行い、時間いっぱいディスカッションが行われていました。

第12回

開催日 会場(病院名の敬称略) 参加人数 事例発表 レポート
2014年5月17日 (土) 勤医協中央病院 6病院/22名 - ダウンロード
開催病院の事務長 佐藤秀明氏の挨拶から始まった今回の勉強会は、診療報酬改定の直後ということもあり、開催病院の企画法務課長の鶴谷拓雄様から、診療報酬改定の影響と対策についてご講演していただきました。
また、各院から事前にいただきましたパス一覧を用いて、自院や他院の現状把握と改善点の発見を目的としてグループワークを行いました。グループワークの発表では、グループ間によって発表内容が異なり、非常に有意義な発表が行われました。

第11回

開催日 会場(病院名の敬称略) 参加人数 事例発表 レポート
2013年11月23日 (土) 旭川赤十字病院 8病院/36名 - ダウンロード
前回開催された勉強会にて、グループディスカッションを行い、各病院ごとに目標値を設定しました。本会はその目標値達成に向けてどのようなアクションを取ったのか、3病院より活動内容の報告をいただきました。

第10回

開催日 会場(病院名の敬称略) 参加人数 事例発表 レポート
2013年5月25日 (土) 旭川赤十字病院 7病院/39名 - ダウンロード
開催病院の旭川赤十字病院は、本年度H25年のユーザ会幹事病院であり、開会にあたり院長の牧野憲一先生よりご挨拶をいただきました。
ご挨拶の中で、チーム医療と事務職員のレベルアップの重要性について述べられ、「分析力」と「提案力」が(その中でも特に提案力が)求められるとのお話がありました。ドクターに対して有効な提案をするなど能動的なアクションができるよう、勉強し誇れるプロフェッショナルになりましょうとのお言葉をいただきました。
北海道地区勉強会では、今年の継続テーマとして「入院、集団栄養食事指導料の算定率向上」を、今回の完結テーマとして「統計・分析資料の共有」を設定しました。統計資料の発表では、各参加病院が実際に作成している資料を紹介しながら、詳しい説明が行われています。またこれとは別に、苫小牧市立病院の小林氏から「栄養管理科と協力して算定する特別食加算・栄養食事指導」という演題の事例発表をいただきました。
また、継続テーマの「入院・集団栄養食事指導料 算定率向上」についてグループディスカッションし、各グループよりその内容の発表をしていただきました。

第8回

開催日 会場(病院名の敬称略) 参加人数 事例発表 レポート
2012年2月25日 (土) 苫小牧市立病院 13病院/41名 ダウンロード ダウンロード
開会にあたり、開催病院 副院長の佐治裕先生と事務部長の萩原敏彦氏よりご挨拶をいただきました。
事例発表では、開催病院の医事情報管理係長の小林泰賀氏より『医事課から仕掛ける院内ミッション』とのテーマで、同院における救急医療管理加算や各種医学管理料などの算定率向上への取り組みを紹介いただきました。
また特別講演として、総合病院土浦協同病院の船越尚哉先生より『EVEデータをAccessで活用する方法』を実例を交えお話いただきました。
グループワークは3つグループに分かれて実施。
『EVE初心者』グループでは、札幌しらかば台病院の建嶋氏が講師となりEVEの基本操作をレクチャー、
『EVE中級者』グループでは、EVEダウンロードデータの活用方法について議論、
『実務者』グループでは、DPCの運用や算定、診療報酬改定などをテーマに議論が交わされました。

第7回

開催日 会場(病院名の敬称略) 参加人数 事例発表 レポート
2011年10月15日 (土) 市立千歳市民病院 14病院/52名 ダウンロード ダウンロード
開催病院の事務局長 横田隆一氏より開会のご挨拶をいただいた後、同院の医事課長 徳永隆氏より同院の現状についてご紹介いただきました。横田氏は防災訓練の合間を縫って駆けつけてくださいました。
特別講演として、総合病院 土浦協同病院の船越尚哉先生より『目的を明確にしてEVEを活用しよう!』というテーマにてご講演いただきました。分析者の『心構え』から『分析の視点・方法』に至るまで DPC分析のお手本と言える内容です。
グループディスカッションでは、医療の質と経営の質を高めるためにEVEで何ができるか? や、各院でのEVEの活用状況などについて、議論が交わされました。

第6回

開催日 会場(病院名の敬称略) 参加人数 事例発表 レポート
2011年3月12日 (土) 市立札幌病院 13病院/48名 ダウンロード ダウンロード
今回の勉強会は、同地区で過去最多の病院数と参加者数での開催となりました。 冒頭に、今年度のユーザ会幹事病院にご就任いただいた、札幌しらかば台病院 診療情報管理室 課長の建嶋 優紀氏より開会のご挨拶をいただきました。
市立札幌病院より2題の事例発表をいただき、1題目は、DPC環境下で利益を増加させる方策として、後発医薬品への移行やパス整備、コメディカルによる出来高項目の算定強化、部位不明・詳細不明コード削減などの取り組みを紹介いただきました。 2題目では、部位不明・詳細不明コード削減への取り組みを更に掘り下げた事例を紹介いただきました。
3班に分かれてのグループディスカッションでは、それぞれ「返戻・査定傾向や出来高項目の算定漏れ対策」や「DPCコーディング方法やノウハウ」、「市立札幌病院の症例分析ワーク」をテーマに議論が交わされました。 症例分析ワークでは、EVE実機だけではなく、テーマ症例の課題や分析の注目点などをまとめた事例発表があった他、分析で必要な資料が多数用意され、議論を活発化する工夫がありました。

第5回

開催日 会場(病院名の敬称略) 参加人数 事例発表 レポート
2010年11月20日 (土) 王子総合病院 9病院/40名 ダウンロード ダウンロード
今回の勉強会では、参加病院間における医療機関別係数比較の結果報告があった他、開催病院による事例発表、テーマ別のグループワークが行われました。
事例発表では、DPC準備病院やDPC対応が浸透していない病院にとって大変参考となる報告資料を多数ご提示いただいた他、自院が抱える課題への対応策を詳細にご紹介いただきました。
グループワークでは、開催病院のEVE実機を使用し、テーマ症例の課題抽出から解決策の策定を行ったグループがあった他、医療機関別係数に関する取り組みをテーマにして、活発な意見交換を行ったグループもありました。このグループの熱心な姿に引き込まれる形で、開催病院 副院長の柏原先生が途中より参加され、最後までお付き合いいただきました。事務職の皆さんの熱い想いを感じ取られた柏原先生からは、”次回の勉強会にも参加したい”、とのお言葉をいただきました。

第4回

開催日 会場(病院名の敬称略) 参加人数 事例発表 レポート
2010年6月19日 (土) 小樽協会病院 9病院/30名 - ダウンロード
小樽協会病院のEVE実機を使用し、各参加病院が持ち寄ったデータを参考に、小樽協会病院の症例分析ワークが行われました。
開会のご挨拶をいただいた小樽協会病院 事務部長 本房浩幸氏は、分析ワークを通して参加各院との情報共有を図りたいと、期待を寄せていただきました。
北海道循環器病院より、今年5月開催のユーザ総会・事例発表会での事例を改めてご紹介。その他、機能評価係数Ⅱに関するアンケートの集計発表があり、各院の取り組みが紹介されました。

第3回

開催日 会場(病院名の敬称略) 参加人数 事例発表 レポート
2010年2月20日 (土) 札幌しらかば台病院 6病院/21名 ダウンロード ダウンロード
札幌しらかば台病院 事務局長 木村光治氏より開会のご挨拶をいただき、北海道循環器病院医事課長 渡邊和彦氏よりH22年度幹事病院就任のご挨拶をいただきました。
グループディスカッションでは4班に分かれ、同じテーマに沿って話し合われました。
その他、薬剤師・栄養管理士の病棟配置のメリットについて報告がありました。
苫小牧東病院からはDPC評価分科会によるヒアリング対応のまとめをお話いただきました。
※苫小牧東病院 医事課長の玉山氏が欠席の為、札幌しらかば台病院 医事課長の建嶋氏が代理発表。

第2回

開催日 会場(病院名の敬称略) 参加人数 事例発表 レポート
2012年11月28日 (水) 北海道循環器病院 4病院/13名 ダウンロード ダウンロード
事前アンケート(後発医薬品導入状況)について、各病院の取り組み状況が発表されました。また、グループディスカッションが行われ、EVEの活用状況や他医療機関への受診、DPC請求に関する事項などについて、活発な意見交換が行われました。

第1回

開催日 会場(病院名の敬称略) 参加人数 事例発表 レポート
2009年5月16日 (土) 恵み野病院 9病院/26名 ダウンロード ダウンロード
TOP