えむでぶ倶楽部

地域勉強会

活動報告活動報告

地図から選ぶ

開催地 開催地 開催地 開催地 開催地 開催地 開催地 地図から選ぶ 全国へ 茨城 千葉 東京 神奈川 山梨 埼玉 栃木 群馬

勉強会・説明会実績(全国)

開催回数 321
参加病院数 3,640病院
参加者数 8,544

( 2009年4月~2018年5月末時点         ※操作説明会を含む )

DPC分析ツール『EVE』並びに病院向け経営支援システム『Medical Code』のユーザ病院に主体となっていただき、 情報交換や自己研鑽を行う目的で、2009年の4月よりスタート致しました。
地図の旗をクリック、もしくは下記プルダウンメニューより地区や都道府県をお選びいただくと、各地域の事例発表資料や活動レポートをご覧いただけます。(随時更新)

地域から選ぶ

千葉地区

第6回

開催日 会場(病院名の敬称略) 参加人数 事例発表 レポート
2017年8月31日 (木) 千葉市立青葉病院 15病院/36名 - ダウンロード
【内容】
 第1部:看護必要度チェックアプリーケーション「カンゴッチ」のご紹介
 第2部:グループディスカッション『Hファイル精度と重症度、医療・看護必要度』

第5回

開催日 会場(病院名の敬称略) 参加人数 事例発表 レポート
2016年8月25日 (木) 千葉脳神経外科病院 9病院/13名 - ダウンロード
【内容】
 第1部:事例発表『持参薬の使用状況について』
 第2部:グループディスカッション『2016年度診療報酬制度改定 経過措置への対応』

第4回

開催日 会場(病院名の敬称略) 参加人数 事例発表 レポート
2015年10月16日 (金) 東京女子医科大学八千代医療センター 13病院/37名 ダウンロード ダウンロード
【内容】
 第1部:事例発表『救急医療指数の分析』
 第2部:グループディスカッション『EVEを使ったマニュアルを作成しよう!』

第3回

開催日 会場(病院名の敬称略) 参加人数 事例発表 レポート
2015年3月16日 (月) 東邦大学医療センター佐倉病院 12病院/25名 ダウンロード ダウンロード
第3回目の千葉地区勉強会は今までと少し異なり、石川県にあります金沢脳神経外科病院の川腰様をお招きし、機能評価係数2向上の取り組みについて事例発表を行っていただきました。本勉強会の数週間前に新年度の係数が内示されたため、続いて行われたグループディスカッションも非常に活発な意見が飛び交っていました。また、今回初めて、事前アンケートを行い、各病院様がどのようにEVEを使用しているのか、情報共有も行い、私自身非常に参考になりました。

第2回

開催日 会場(病院名の敬称略) 参加人数 事例発表 レポート
2014年11月20日 (木) 成田赤十字病院 8病院/22名 - ダウンロード
第2回目の千葉地区勉強会も成田赤十字病院の看護学校にてEVEの操作説明会を実施しました。
今回のテーマはパス分析。ユーザ会提供のパス形式チェックツールのご案内とそれを使った表を用いて、後半のグループディスカッションを行いましたが、今回もテーマ以外でのお話でも非常に盛り上がりました。また、初めて懇親会を行いましたが、貸切の会場は終始笑い声で溢れ、様々な話題が飛び交いました。

第1回

開催日 会場(病院名の敬称略) 参加人数 事例発表 レポート
2014年8月12日 (火) 成田赤十字病院 12病院/33名 - ダウンロード
第1回目の千葉地区勉強会は、県内のEVEユーザの半分以上の病院様に参加いただきました。
成田赤十字病院の看護学校にてEVEの操作説明会を実施しましたが、備え付けのPCで操作でき、PCの持参がなかったため非常に喜ばれました。また、県内の他病院とのつながりがあまりなかったためか、後半のグループディスカッションではどのグループも自己紹介の段階で非常に盛り上がり、活発な情報交換が行われました。
TOP