えむでぶ倶楽部

ソリューション活用事例

ユーザ会補助ツール

データチェック/分析ツール一覧

事例U21:2025年ロードマップシリーズ『わたしの病院指標』(2021年度版)

 ※2021年9月8日 「3)初発の5大癌のUICC病期分類別ならびに再発患者数」について、
  乳癌のStageを区分する判断ロジックに不足の部分があり、修正しました。
  現在掲載中のVer8.01をダウンロードしてご利用ください。


 ※2021年9月3日 平均在院日数.txtを本ツールに同梱しました。

2021年8月13日に2021年度の集計条件等が開示されたことを受け、
『わたしの病院指標』(2021年度版)を作成いたしました。

本ツールは、「病院指標の作成と公開について」の「病院情報の公表」に係る
条件に沿った病院情報の指標値を作成できます。

 ※ユーザ会補助ツールのため、各院のご判断と責任の範囲で
  お使いいただくものとなりますので、ご了承ください。
  貴院の「病院情報の公表」に、是非ご利用ください。

「ダウンロード」をクリックすると、「わたしの病院指標_2021年度版V8.01.zip」がダウンロードされます。
「わたしの病院指標_2021年度版V8.01.zip」の中には以下の4点が格納されております。
zipファイルを解凍してご利用ください。

 ・わたしの病院指標V8.01.mdb
 ・わたしの病院指標_操作手順書_第8.01版.pdf
 ・わたしの病院指標_定義表_第8.01版.pdf
 ・平均在院日数.txt

事例U19:2025年ロードマップシリーズ『わたしの病院指標』(2020年度版)

2020年9月14日に「病院情報の公表」の集計定義が更新されました。
掲載中のツールVer7.01は、この新しい定義を反映しております。(記載:2020/9/24)

※ダウンロードした際、Ver7.01であることをご確認ください。
 古いバージョンがダウンロードされる場合は、ブラウザのキャッシュを削除してから
 再度お試しください。

『わたしの病院指標』ツールは、「病院指標の作成と公開について」
「病院情報の公表」に係る条件に沿った、病院情報の指標値が作成できます。

 ※ユーザ会補助ツールのため、各院のご判断と責任の範囲で
  お使いいただくものとなりますので、ご了承ください。
  貴院の「病院情報の公表」に、是非ご利用ください。

「ダウンロード」をクリックすると、「solution_U19.zip」がダウンロードされます。
「solution_U19.zip」の中には以下の4点が格納されております。
zipファイルを解凍してご利用ください。

 ・わたしの病院指標V7.01.mdb
 ・わたしの病院指標_操作手順書_第7.01版.pdf
 ・わたしの病院指標_定義表_第7.01版.pdf
 ・平均在院日数.txt


<バージョン情報>
2020/09/24 Ver7.01
・初発の5大癌のUICC病期分類別ならびに再発患者数にて、
 UICC病期分類の分岐のロジックを変更

2020/09/02 平均在院日数.txtを追加で同梱

2020/08/24 Ver7.00
・2020年度版をリリース

事例U18:未コード化傷病名・確認ツール(2020年度版)

様式1データ(2020年度形式)、レセプトデータ(医科、DPC 2020年度形式)、外来E(2020年度形式)、外来F(2020年度形式)を取り込み、
未コード化傷病名のレコード数、該当患者を確認できます。

提出データ評価加算対策の一助としてお役立てください。

  ※詳細な定義は公表されていないため、
   算出された値に関しては、あくまで参考程度にお使いください。


<バージョン情報>
2020/8/3 Ver5.00
・2020年度版リリース
 ※平成30年度版(Ver4.00)からの仕様変更はございません。
  (平成30年度データでも使用できます)

事例U17:救急医療入院スコア可視化ツール(2020年度)

えむでぶ倶楽部ニュース2020年7月号「EVEこれ」記事掲載ツールです。
救急医療入院症例における身体的状況について、スコア評価別に確認いただくことができるツールをご用意いたしました。

下記項目について、集計表やグラフが自動で作成できます。

・救急医療入院 件数・割合
・救急医療管理加算算定対象の症例 件数・割合
・様式1に記載されている患者状態を示すスコア評価の症例数・症例一覧


「ダウンロード」をクリックすると、

 ・救急医療入院スコア可視化ツール(2020年度)
 ・救急医療入院スコア可視化ツール(2020年度)手順書

が入ったzipファイルがダウンロードされます。
救急医療入院の現状把握、分析にご活用ください。

事例U12:CCPM集計ツール V1.00(18年度版)

<お知らせ>
 2020年度以降の改定対応の予定はございません。
 「EVE」20年度タブ「係数指標」の影響度分析画面にございます対象症例一覧の「係数指標症例ダウンロード」に、
 「支払分類コード」の項目が追加されました。
 指標対象の症例のみとなりますが、こちらもご参照ください。(記載:2020/11/30)

=========

「CCPM集計ツール_18年度版」は、「EVE」の「症例ダウンロード」データを用いて、CCPマトリックス分類ごとに症例を集計できるツールです。

MDC6より細かく、DPCコードよりは大きな区分で集計し、傾向を分析することができます。
ぜひ、ご活用ください!

※「solution_U12_ver.1.00.zip」の中には以下のファイルが入っています。
・CCPM集計ツール V1.00(18年度版)
・CCPM集計ツールV1.00(18年度版)_操作手順書_第一版.pdf

事例U09:未コード化傷病名・確認ツール(30年度版)

様式1データ(30年度形式)、レセプトデータ(医科、DPC 30年度形式)、外来E(30年度形式)、外来F(30年度形式)を取り込み、
未コード化傷病名のレコード数、該当患者を確認できます。

提出データ評価加算対策の一助として
お役立てください。

  ※詳細な定義は公表されていないため、
   算出された値に関しては、あくまで参考程度にお使いください。



<バージョン情報>
2018/7/3 Ver4.00
・レセプト「医科」「DPC」を一緒に取り込んでも、結果を別々に分けて算出できるよう改修
 レセプトのファイル名に「D」または「d」があれば「DPC」、それ以外は「医科」と判別

2018/6/21 Ver3.00
・レセプトデータを入院、入院外に分けて算出できるよう改修

2018/6/15 Ver2.00
・30年度版リリース

事例U04:わたしの地域医療構想ツール(機能区分毎 対象患者数)2020年度版

本ツールは、地域医療構想で議論されている機能区分(高度急性期、急性期、回復期、慢性期)毎の述べ患者、実患者数が分析できるツールです。

皆様から、「まだ制度の検討段階ではあるが、簡易に集計できないか」、という
ご相談を頂戴し、集計できるACCESSツールを作成しました。
目安としてぜひ、お役立てください。

「ダウンロード」をクリックすると、「solution_U04.zip」がダウンロードされます。
「solution_U04.zip」の中には以下のファイルが格納されております。

 ・わたしの地域医療構想・機能区分毎の患者分析 V6.00(20年度版).mdb
 ・わたしの地域医療構想・機能区分毎の患者分析 V5.00(18年度版).mdb
 ・わたしの地域医療構想・機能区分毎の患者分析 V4.01(16年度版).mdb
 ・わたしの地域医療構想ツール_操作手順書_第6版.pdf
 ・更新履歴_事例U04.txt
 ※2020年度データは、20年度版でご利用ください。

<バージョン情報>

2020/11/13
 ・2020年度対応版ツール(V6.00)を追加

2018/09/26
 ・2018年度対応版ツール(V5.00)を追加

2017/10/03
 ・持参薬を「含めない」にて集計した際のロジック不具合を修正

2017/08/24
・「EVE行為明細」の分析のみ集計ロジックを改修
  (DPC毎の分析が主のため、DPC病棟以外は計算から除外)

2017/05/10
 ・29年度データもそのままお使いいただけます。
  平成29年4月6日時点
  平成29年度「DPC導入の影響評価に係る調査」実施説明資料より確認

2017/03/23
 ・操作手順書を第二版へ更新

2017/03/07 ver4.00(16年度版)
 ・特定入院料等に含まれる診療項目(入院基本料)について、患者数の計算から除外するよう改修
 ・持参薬について除外機能を実装
 ・リハビリマスタ等を更新

2015/11/05 ver3.00
 ・175点~600点未満の患者に早期リハビリを加算し「急性期」にするか判別する仕組みを実装
 ・175点未満の患者にリハビリを加算し「回復期」にするか判別する仕組みを実装
 ・療養病棟入院基本料を算定していても「慢性期」に分類しないように改修
TOP